米Alnylam Pharmaceuticals社は、PCSK9を標的とするsiRNA治療薬候補ALN-PCSを健常人ボランティアに投与したフェーズI試験で、スタチンと同程度のLDL-c降下作用が見られたと発表した。試験の結果はLancet誌電子版に、2013年10月3日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)