米Stanford大学は2013年9月16日、Stanford Woods InstituteのSenior Fellowでもある土木・環境工学科のCraig Criddle教授をリーダーとする研究チームが、廃水中に溶け込んでいる動植物性の廃棄物を分解することにより、電気を生じる「微生物バッテリー」を開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)