理化学研究所統合生命医科学研究センター(理研IMS)免疫器官形成研究グループの古関明彦グループディレクターと磯野協一上級研究員(JST戦略的創造研究推進事業さきがけ研究者を兼務)らは、細胞の運命を左右する新しい分子メカニズムの一端を解明した。米Developmental Cell誌(インパクトファクター12.861)で2013年9月30日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)