東京理科大学の辻孝教授と、オーガンテクノロジーズ(東京・千代田、朝井洋明社長)、慶応義塾大学の研究チームは、マウスの胎児由来細胞から器官原基法で再構築した唾液腺原基、涙腺原基を移植することで、マウスの唾液腺と涙腺を再生することに成功したと、2013年10月1日にNature Communications誌に発表した。唾液腺に関する論文の筆頭著者はオーガンテクノロジーズの小川美帆研究員、涙腺についての論文の筆頭著者は慶大医学部眼科学教室の平山雅敏助教。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)