Pan-Cancer Initiativeはがん種を超えた多様ながん細胞の分子レベルの異常を分析しようとする大きな試みである。Pan-Cancer Initiativeは、18本の論文に示された数多くの新たな発見を生み出した。そのうちの4本は、Nature Genetics誌2013年10月号に掲載された。同プログラムは、米国立衛生研究所(NIH)傘下の米国立がん研究所(NCI)および米国立ヒトゲノム研究所 (NHGRI)が率いるCancer Genome Atlas (TCGA)の一環として、2012年10月にカリフォルニア州のサンタクルーズ市で開催された会議で開始が決まった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)