産学連携を増やして、日本の大学の基礎研究の成果をイノベーションにつなげ、それによって日本の国際競争力を強化しよう。アベノミクスの一部として、さまざまな取り組みが行われているが、本当に現在のままで結果が出るのだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)