米University of Texas Health Science Center at Houston(UTHealth)、米Baylor College of Medicine、および米Complete Genomics社が参加した研究で2013年9月29日、プラダー・ウィリー症候群を引き起こす点突然変異が第15番染色体上に同定された。研究の詳細はNature Genetics誌電子版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)