イスラエルEvogene社は2013年9月23日、スイスSyngenta社グループの米法人であるSyngenta Biotechnology社と現在行っているシスト線虫(cyst nematode)に抵抗性のあるダイズの共同研究開発を、3年間延長すると発表した。この共同研究開発はダイズに寄生するシスト線虫に対して抵抗性を示す遺伝子を同定するため、09年中頃から開始された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)