米エネルギー省(DOE)の研究助成金拠出機関であるエネルギー先進研究計画局(ARPA-E:Advanced Research Projects Agency-Energy)は2013年9月19日、天然ガス(メタン)を輸送用液体燃料に変換するバイオ技術の開発を目指すREMOTE(Reducing Emissions using Methanotrophic Organisms for Transportation Energy)プログラム下で、15件のプロジェクトに総額で3400万ドルの研究助成金を提供すると発表した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)