京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らは、カニクイザルのiPS細胞から分化させた神経細胞を同じカニクイザルの脳に移植する実験を行い、その結果を2013年9月26日にCell Reports誌に発表した。論文の筆頭著者は同研究所の森実飛鳥特定助教。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)