ベルギーGalapagos社と米AbbVie社は2013年9月24日、世界中で7万人の患者が存在する遺伝性慢性疾患である嚢胞性線維症(CF)の新規の増強薬と併用治療を探索、開発、市販する世界的提携を締結したと発表した。本提携に伴う前払い金と成果達成報酬で、Galapagos社はAbbVie社から最大4億500万ドルを受け取る可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)