オランダDelft工科大学(TU Delft:Delft University of Technology)は2013年9月9日、バクテリアとホウレン草から4つの遺伝子を導入して二酸化炭素を利用できるようにした酵母(Saccharomyces cerevisiae)のバイオエタノール生産性を改善することに成功したと発表した。この研究成果は2013年8月29日に発行されたBiotechnology for Biofuels誌に「Carbon dioxide fixation by Calvin-Cycle enzymes improves ethanol yield in yeast」(6:125,2013)というタイトルの論文として掲載されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)