厚生労働省は、地方自治体や企業等から提案されている国家戦略特区の国際医療拠点について、病床規制の撤廃や混合診療の解禁など、大幅な規制改革を検討するという見解を示した。田村厚労相が2013年9月20日の産業競争力会議課題別会合で表明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)