米Agilent Technologies社は2013年9月19日、同社を2つの株式公開企業に分割する計画を発表した。2社のうち1社はライフサイエンス・診断・応用市場(LDA)事業でAgilent社の名を引き継ぎ、もう1社は電子計測(EM)製品事業で社名は未公表だ。この会社分割はAgilent社株主に新EM社の株式を比例配分する非課税スピンオフの形で行われる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)