米Indiana大学のMark Rigby氏らは、乾癬治療薬として米国で承認を得ていた免疫抑制剤アレファセプトを新規診断1型糖尿病患者に投与する二重盲検の無作為化フェーズII T1DAL試験を行い、偽薬と比較したアレファセプトのβ細胞保護効果を示唆するデータを得た。詳細はLancet誌電子版に、2013年9月23日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)