バルサルタンなどの臨床研究について、利益相反やデータ不正に関わる事件が相次いでいることから、国立大学病院長会議は2013年9月20日、臨床研究の信頼性確保と利益相反の管理に関する緊急対策をまとめ、全国立大学附属病院に通知したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)