━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【日経バイオテク/機能性食品メール  2013.9.20 Vol.110】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆このメールマガジンは原則として月に4回、日経バイオテクONLINEの機能性食品分
野の記事をお届けするメールマガジンです。
日経バイオテクONLINE機能性食品版→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/
日経バイオテクONLINE→ https://bio.nikkeibp.co.jp
◆日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html
◆メール送信先の変更や中止は巻末をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------
■■■■ 【日経バイオテクONLINE 機能性食品版】 スタート! ■■■■

月々1,000円(税込)で機能性食品関連の有料記事が毎月100本読める<申込月無料>
最新記事の他、3,000本の関連記事を収録、機能性食品の強力なデータベースです
お申し込み完了後、すぐご利用できます http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
--------------------------------------------------------------------------

◆日経バイオテク編集部より◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キッコーマンが減塩しょうゆを超える血圧対策しょうゆ、社福協の健康食品素材DB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしてお
ります日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長の河田孝雄です。

 先週のこのメールで第60回日本栄養改善学会のシンポジウム「第2次管理栄養士
養成課程における教育のあり方に関する検討会報告」などの話題を少し紹介しまし
た。このメール配信の翌日の土曜日(9月14日)にJAXA(宇宙航空研究開発機構)
のイプシロンの打ち上げが成功しまして、その前日の栄養改善学会の「JAXA宇宙医
学研究と栄養学への期待」と題する教育講演の内容をお届けしようと思っていまし
た。

 教育講演をなさったのはJAXA宇宙医学生物学研究室室長の大島博さんです。JAXA
の宇宙医学生物学研究室は07年4月の発足で、大島さんが室長に就任なさったのは、
2012年8月です。講演では、2011年に発行の資料「宇宙飛行士と高齢者の健康増進:
宇宙医学に学ぶ健康長寿」も配布されました。

http://www.jaxa.jp/projects/rockets/epsilon/

 今日夕方に、ACE阻害活性ペプチドを含むしょうゆを、キッコーマンが発売する
ことが分かり、記事をまとめました。以下の記事リストに示すように、3年半以上
前から報じている注目の機能性食品です。

[2013-9-20]
キッコーマンが血圧高め対策トクホしょうゆを発売、1日価格120円、
「体質によりまれにせき」と表示
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130920/170995/?ST=ffood

[2013-7-19]
【機能性食品 Vol.102】体脂肪減らすケルセチンはサントリー、
血圧下げる大豆ペプチドはキッコーマン
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130723/169771/?ST=ffood

[2013-7-18]
サントリーが体脂肪対策ケルセチン配糖体でトクホ飲料、
キッコーマンの血圧下げる大豆ペプチドに続く新関与成分
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130718/169679/?ST=ffood

[2013-2-8]
【機能性食品Vol.80】10年前に開発着手のトクホコーヒーが今春登場、
しょうゆにも注目
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130208/166142/?ST=ffood

[2013-2-8]
血圧高め対策しょうゆは注意表示明確化でトクホ適格、
キッコーマンに花王が続く
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130208/166084/?ST=ffood

[2013-1-4]
記者の目2013、生物多様性と厳密ゲノム編集、人工光合成に期待
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130104/165408/?ST=ffood

[2012-1-4]
キッコーマン「まめちから」とサントリー「大人ダカラ」、
独自素材トクホの評価書発行が食品安全委員会で決定
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120104/158882/?ST=ffood

[2010-2-3]
キッコーマンが自社開発トクホに意欲、
血圧下げる大豆ペプチドのしょうゆをトクホ許可申請
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8561/?ST=ffood

 ACE阻害ペプチドを配合した血圧高め対策のトクホはたくさんの種類が商品化さ
れていますが、キッコーマンは、しょうゆの醸造工程を工夫することにより、ACE
阻害活性を持つペプチドを一定量含むように工夫したようです。

 高度な醸造・発酵技術を象徴する新商品では、と思います。

 今日まで3日間、広島市で開かれた第65回日本生物工学会大会でも、キッコーマ
ンの発酵・酵素技術に関連する注目発表がありました。

 1つは第22回生物工学技術賞を受賞した「新規フルクトシルペプチドオキシダー
ゼの開発とそれを用いた糖尿病診断法の構築」です。受賞講演の他にもこの関連の
発表が2件ほどありました。

[2013-9-19]
急増する糖尿病対策に日本の酵素技術、キッコーマンと東洋紡が生物工学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130919/170956/?ST=ffood

[2013-9-18]
第65回日本生物工学会大会が広島で開幕、
9月20日までの開催で1600人規模の参加見込む
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130918/170950/?ST=ffood

 これに加えて、今日午前中のシンポジウム「S14:生物発光とバイオセンシング
の新たな展開」でも、キッコーマンのルシフェラーゼの研究開発が紹介されました。

 第65回大会の総務責任者である広島大学の黒田章夫さんと、大阪大学の民谷栄一
さん、東京工業大学の上田宏さんがオーガザイナーを務めたシンポジウムです。

 2番目に登壇なさった昭和大学の荒川秀俊さんの講演で、ルシフェラーゼの機能
向上については、キッコーマンの寄与が大きいと紹介がありました。

「ルシフェリン派生体を利用した高感度バイオアッセイ」
黒田章夫 (広島大院・先端物質)

「生物発光検出による生体成分の高感度分析」
荒川秀俊 (昭和大学薬学部)

「発光酵素の反応分割による迅速高感度な相互作用検出系の開発」
上田宏 (東工大・資源研)

「ウミホタル発光の基礎と応用」
近江谷克裕 (産総研・バイオメディカル)

「高輝度化学発光タンパク質によるリアルタイムバイオイメージング」
永井健治(阪大・産研、JST・さきがけ) シンポジウム

 醸造、発酵、酵素、たんぱく質工学などなど、キッコーマンのバイオテクノロジ
ーが特に目立った1週間だったと、感じております。

 もう1つ、今週の大きなアップデイトとして、一般財団法人医療経済研究・社会
保険福祉協会(社福協)の取り組みを紹介します。

「健康食品素材の科学的実証データベース(HFS)」サイト
(http://www.hfs-data.jp/Hfs/ListMaterialBookOrderCategory/)

に54素材を追加し、掲載素材数が255素材になりました。2014年1月にデータを追
加し、当初から予定していた約290素材のデータをそろえる計画です。

[2013-9-17]
社福協、健康食品素材の科学的実証DBを拡充、2014年1月に290素材完成
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170918/?ST=ffood

 最後に、日経バイオテクONLINE機能性食品版の記事全文をお読みいただける有料
情報サービスについて説明させていだきます。

 月1000円(クレジット決済)で、月間100本まで記事をご覧いただけるというサー
ビスです。報道記事数は月間100本未満のことが多いのですが、アーカイブに格納し
ている10年以上前からの2000本以上の報道記事も、キーワード検索などで、ご覧い
ただけます。

 まずは、日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。
日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 このサイトでは、各記事の第1パラグラフまではどなたにでもご覧になれますが、
第2パラグラフ以降も含む記事全文を読むには、有料会員になっていただく必要があ
ります。日経バイオテクONLINE機能性食品版では、会費月額1000円(クレジットカ
ード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文を読めます。記事は、
ポイント1の記事と、ポイント0の記事がありますので、月間のご覧いただける本数
は100本以上です。アーカイブの記事もご覧いただけます。

※支払に関する詳しいご案内はこちらをご参照ください。
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/info.html

 なお、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない記
事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てをお
読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要になります。

           日経BP社 医療局 先進技術情報部
           日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長 河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

※※日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html

◆日経バイオテクONLINEより◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテクONLINE記事のうち機能性食品関連(直近1週間分)

全文をご覧いただくには「日経バイオテクONLINE機能性食品版」
⇒ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
または、「日経バイオテクONLINE」
⇒ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/bio_online.html  
への申し込みが必要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※2013年9月13日から9月20日までの機能性食品記事リスト(掲載の新しい順)
 リンク先は、日経バイオテクONLINE機能性食品版です。

マンダム、体臭成分ジアセチルの成果を生物工学会で発表、近く実用化へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130920/170973/?ST=ffood

陸上100mのBen Johnson氏が第9回アスタキサンチン研究会で特別講演、
富士フイルム2演題、インク利用の発表も
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130919/170957/?ST=ffood

急増する糖尿病対策に日本の酵素技術、
キッコーマンと東洋紡が生物工学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130919/170956/?ST=ffood

国際アグリバイオ事業団(ISAAA)アグリバイオ最新情報【2013年8月31日】
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130918/170954/?ST=ffood

第65回日本生物工学会大会が広島で開幕、
9月20日までの開催で1600人規模の参加見込む
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130918/170950/?ST=ffood

明治、ヨーグルトの日本市場は2012年度3313億円、2011年度比8%増
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170923/?ST=ffood

不二製油、経営企画本部にマーケティング室を新設して
大豆ルネサンスのマーケティングを推進
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170920/?ST=ffood

ハウス食品にイグノーベル賞、02年にNature誌で発表した
タマネギ催涙因子生成酵素の発見で
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170919/?ST=ffood

社福協、健康食品素材の科学的実証DBを拡充、2014年1月に290素材完成
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170918/?ST=ffood

UHA味覚糖が咀嚼能評価システムを阪大と開発、グミ年300万個の体制整備
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130917/170915/?ST=ffood

A-STEPハイリスク挑戦の復興促進型、琉球大などが玄米、弘前大などが黒ごぼう
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130916/170914/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.109】能動の遺伝子栄養学とエピジェネティクス、
消費者委員会の委員交代
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170883/?ST=ffood

黒酢研究会が9月に発足、1月に東京海洋大で第1回黒酢研究会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170861/?ST=ffood

福井大と東大、理研、刺激無しのGPCR基礎活性で嗅神経の回路形成、
Cell誌で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170860/?ST=ffood

※以下は、記者発表です。記事中のリンク先は各企業のウェブサイトです。

サントリー、組織変更と役員人事のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130919/170965/?ST=ffood

タカラバイオ、経済産業省「再生医療等産業化促進事業」に関する委託契約締結
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130918/170938/?ST=ffood

ヤクルト、「ヤクルトAceエース」が特定保健用食品の表示許可を取得
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130916/170903/?ST=ffood

味の素、当社の業績に関する一部報道について
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130916/170902/?ST=ffood

株式会社ファーマフーズ、平成25年7月期決算短信〔日本基準〕(非連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170873/?ST=ffood

日本甜菜製糖株式会社、「発酵ナノセルロース」の大量生産に成功
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170872/?ST=ffood

宝ホールディングス株式会社、当社子会社(タカラバイオ株式会社)の株式の
売却株式数等の確定に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170868/?ST=ffood

アサヒグループホールディングス株式会社、
インドネシア飲料会社の株式買収手続完了のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170866/?ST=ffood

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このメールマガジンの記事内容へのお問い合わせ、ご質問、ご意見はこちら。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

◆日経バイオテク 機能性食品メールの申し込み、変更、配信停止はこちら。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html

◆このメール配信サービスは無料です。
◆弊社からのお知らせを不定期に配信する場合があります。
また、弊社の都合により配信を休止することがあります。
◆広告掲載をご希望の方は btj-ad@nikkeibp.co.jp へ問い合わせください。
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
 このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c)2013 Nikkei Business Publications Inc.          
All rights reserved.                         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテク/機能性食品メールの次回発行予定日は、2013年9月27日(金)です。