ディナベック(茨城県つくば市、長谷川護社長)は、iPS細胞作製用に販売している試薬「CytoTune-iPS」の利用を拡大するため、これまで商業用途で利用する際に必要だったライセンス契約の締結を、撤廃することを決めた。また、現行価格の約半額となる、アカデミック価格を設定した。2013年9月20日に同社の長谷川社長が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)