米Ohio State Universityの研究チームが2013年9月16日に発表した新研究で、microRNA-486が肺がんの強力な腫瘍抑制分子として、腫瘍細胞の増殖や移動を制御し、これらの細胞のプログラム細胞死、すなわちアポトーシスを誘導する働きを持つことが示された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)