総合科学技術会議は2013年9月13日、2014年度科学技術予算において重点化する取り組みとして、科学技術重要施策アクションプラン98施策、3351億円を特定した。さらに、その中から内閣府が主導して必要に応じて追加投資や規制改革を行う戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の課題候補10件を決定した。SIPの課題には、さらに健康・医療戦略推進本部で決定するものも追加される予定。安倍晋三総理は「来年度予算の編成過程できちんと反映させ、メリハリある予算づくりに役立てていきたい」とあいさつした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)