先日、科学技術振興機構(JST)の科学コミュニケーションセンターというところが、8964人の自然科学研究者に対してアンケートを実施した。その結果、64%が何らかの形で科学コミュニケーションを実施しているが、34%は実行していないことが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)