欧州議会は2013年9月11日、穀物由来バイオ燃料の使用に上限を設け、また海藻や廃棄物などの代替原料から作られる新しいバイオ燃料に迅速に切り替えるという法案について採決を行い、賛成356、反対327、棄権14で可決したと発表した(関連記事1、関連記事2)。この法案は農地の使用をバイオ燃料用作物の生産に切り替えることによって生じる温室効果ガスの排出を削減することを目的としている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)