米Florida大学は2013年8月29日、園芸学科の研究チームが、緑藻類Chlorellaが窒素源(N)欠乏ストレス下で脂質の蓄積をどのように引き起こすかを解明したと発表した。Bala Rathinasabapathi教授率いる研究チームは、Chlorella UTEX29株を使い窒素源欠乏状態下でトリアシルグリセロール(TAG:triacylglycerol)の蓄積および脂肪体(lipid body)形成に影響を与える要因について研究を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)