スイスUniversity of Geneva(UNIGE)のFaculty of Medicineの研究者らが率いるGEUVADISプロジェクトの研究チームは2013年9月15日、個人の間の差異の原因となる遺伝子のマップを発表した。研究成果はNature誌、Nature Biotechnology誌に掲載された。これは、ヒトゲノムを遺伝子の活性とRNAレベルで結び付けたこれまでで最大のデータセットである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)