━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【日経バイオテク/機能性食品メール  2013.9.13 Vol.109】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆このメールマガジンは原則として月に4回、日経バイオテクONLINEの機能性食品分
野の記事をお届けするメールマガジンです。
日経バイオテクONLINE機能性食品版→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/
日経バイオテクONLINE→ https://bio.nikkeibp.co.jp
◆日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html
◆メール送信先の変更や中止は巻末をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------
■■■■ 【日経バイオテクONLINE 機能性食品版】 スタート! ■■■■

月々1,000円(税込)で機能性食品関連の有料記事が毎月100本読める<申込月無料>
最新記事の他、3,000本の関連記事を収録、機能性食品の強力なデータベースです
お申し込み完了後、すぐご利用できます http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
--------------------------------------------------------------------------

◆日経バイオテク編集部より◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
能動の遺伝子栄養学とエピジェネティクス、消費者委員会の委員交代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしてお
ります日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長の河田孝雄です。

 ただいま第60回日本栄養改善学会が開催されている神戸市におります。今日夕方
のシンポジウムでは「遺伝子機能を変える能動の遺伝子栄養学」を、女子栄養大学副学
長の香川靖雄さんが提唱なさいました。分子栄養学を早くから提唱している香川さ
んは、葉酸代謝やDHA合成、ビタミンA合成などの遺伝子多型が日本人に高頻度に発
見されていることを紹介し、これに対応する遺伝子対応栄養指導の重要性を指摘し
ました。「能動の遺伝子栄養学」は、エピジェネティクスへの働きかけを意図した
もの。遺伝情報を受動的い栄養改善に応用する第1世代の遺伝子栄養学に続く、次
世代の遺伝子栄養学といえます。

 エピジェネティクスと関係が深い栄養素である葉酸は、世界60カ国以上で穀類へ
の強制的添加が実施されているけれども、日本では実施されていないことも紹介し
ました。女子栄養大学の坂戸キャンパスがある埼玉県の坂戸市と連携して、坂戸市
葉酸プロジェクトを進め、医療費の増大抑制につながる成果を得ています。

※坂戸市のサイト
http://www.city.sakado.lg.jp/sp/22,2863,202.html

 規制を改革して、食品の機能性表示を認めるべきと結論付けた規制改革会議も、
機能性表示がもたらす経済効果の例として、坂戸市葉酸プロジェクトの成果を取り
上げました。

※規制改革会議の資料
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/wg/kenko/130419/item1_1.pdf

 この規制改革会議での議論を基に、2014年度中に食品の機能性表示を解禁にする
方針が6月に閣議決定されたことにつきましては、日経バイオテク2013年9月9日号
で5ページ構成の特集記事をまとめました。

○日経バイオテクの記事
日経バイオテク9月9日号「特集」、食品の機能性表示で産業育成
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130910/170787/?ST=ffood

 香川さんが講演したシンポジウムは「第2次寒冷栄養士陽性課程における教育の
あり方に関する検討会報告」と題するもので、香川さんは座長もお務めでした。

 もう1人の座長は、神奈川県立保健福祉大学学長の中村丁次さんが務め、全体の
まとめについてもお話しでした。

 中村さんは、上の特集記事でも紹介した、農林水産省の補正予算20億円プロジェ
クトで、コンソーシアムの代表を務め、「神奈川モデル」の構築を進めています。

○日経バイオテクONLINE記事
[2013-7-5]
農水省NARO機能性農作物プロジェクト、神奈川県立保健福祉大と日健栄協、
国立栄研のコンソーシアムが1億1000万円で受託
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130705/169458/?ST=ffood

 明日が最終日で3000人の参加が見込まれているという栄養改善学会は、今回が
第60回。8月末に東京都日野市で開かれた日本食品科学工学会や、9月上旬に北海
道で開かれた日本生薬学会も、同じ第60回。人間でいう“還暦”を迎える学会が
相次いでいます。

○日経バイオテクONLINE関連記事
森下仁丹と甲子園大、ビフィズス菌含有腸溶性カプセルの便秘改善作用、
栄養改善学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130911/170835/?ST=ffood

東大院の清水誠特任教授、食品科学工学会第60回大会で特別講演、
トクホや食品機能性表示に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130912/170836/?ST=ffood

米Morinda社と近畿大薬、ノニの抗アレルギー作用を生薬学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130909/170777/?ST=ffood

 このうち食品科学工学会は、実践女子大学学長の田島眞さんが会頭で、上の記事
で紹介した東京大学特任教授の清水誠さんの特別講演の座長もお務めでした。

 田島さんは、消費者委員会の委員で、特定保健用食品(トクホ)の審査を行う
消費者委員会新開発食品調査部会の部会長を8月までお務めでした。

 9月に入り、消費者委員会が第3次になり、田島さんは委員から外れました。第3
次委員の中で、新開発食品調査部会の部会長になられるのはどなたでしょうか。
トクホと関係が深そうな委員は、日本獣医生命科学大学部長の阿久澤良造さんでは
とお見受けします。部会の委員は、部会が開催される少し前まで公表されないよう
です。

 新開発食品調査部会の委員には、このメールでさきほど紹介した中村さんや清水
さんのお名前もあります。続投なさるのでしょうか。以下に委員の方々のお名前を
転記しておきます。メールの最後に、ここ1週間のうちに日経バイオテクONLINEで
報じた機能性食品関連の記事リストを付けてあります。ご覧いただければと思いま
す。

 昨日は東京で、黒酢研究会設立の記者会見がありました。会長の矢澤一良さん(
東京海洋大学「食の安全と機能(ヘルスフード科学)に関する研究」プロジェクト
特任教授)は、食酢が減塩に役立つことも強調しました。

黒酢研究会が9月に発足、1月に東京海洋大で第1回黒酢研究会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170861/?ST=ffood

■■■消費者委員会の委員リスト

○第3次消費者委員会(2013年9月~2015年8月)委員10人(2013年9月1日現在)
阿久澤 良造 日本獣医生命科学大学応用生命科学部長
石戸谷 豊 弁護士
岩田 喜美枝 公益財団法人21世紀職業財団会長
(続)河上 正二 東京大学大学院法学政治学研究科教授
齋藤 憲道 同志社大学法学部・法学研究科教授
高橋 伸子 生活経済ジャーナリスト
(続)夏目 智子 全国地域婦人団体連絡協議会事務局長
橋本 智子 一般社団法人北海道消費者協会会長
山本 隆司 東京大学大学院法学政治学研究科教授
唯根 妙子 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会理事

○第2次(2011年9月~2013年8月)10人(2013年6月25日現在)
稲継 裕昭 早稲田大学政治経済学術院教授
小幡 純子 上智大学法科大学院教授
(委員長)河上 正二 東京大学大学院法学政治学研究科教授
(続)川戸 惠子 ジャーナリスト
(続)田島 眞 実践女子大学生活科学部教授・学長
夏目 智子 全国地域婦人団体連絡協議会事務局長
細川 幸一 日本女子大学家政学部教授
村井 利彰 株式会社ニチレイ代表取締役会長
(続)山口 広 弁護士
吉田 直美 特定非営利活動法人くらしのサポーターズ 副理事長

○第1次(09年9月~2011年8月)9人(2011年7月1日現在)
池田 弘一 アサヒグループホールディングス株式会社 相談役
川戸 惠子 ジャーナリスト
佐野 真理子 主婦連合会事務局長
下谷内 冨士子 社団法人 全国消費生活相談員協会顧問
田島 眞 実践女子大学 生活科学部教授
中村 雅人 弁護士
日和佐 信子 雪印メグミルク株式会社 社外取締役
(委員長)松本 恒雄 一橋大学大学院 法学研究科教授
山口 広 弁護士

○消費者委員会 新開発食品調査部会 委員14人(平成25年4月25日現在)
(部会長) 田島 眞 実践女子大学生活科学部教授・学長
川戸 惠子 ジャーナリスト
石綿 肇 聖徳大学兼任講師
大野 泰雄 国立医薬品食品衛生研究所 名誉所長
久代 登志男 日本大学医学部教授
栗山 真理子 特定非営利活動法人アレルギー児を支える全国ネット「アラジーポット」専務理事
古野 純典 独立行政法人国立健康・栄養研究所理事長
清水 誠 東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター特任教授
手島 玲子 国立医薬品食品衛生研究所 食品部部長
寺本 民生 帝京大学臨床研究センター センター長
戸部 依子 公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会食生活特別委員会委員長
中村 丁次 神奈川県立保健福祉大学学長
山田 和彦 女子栄養大学栄養学部教授
山? 壮 実践女子大学生活科学部教授

 最後に、日経バイオテクONLINE機能性食品版の記事全文をお読みいただける有料
情報サービスについて説明させていだきます。

 月1000円(クレジット決済)で、月間100本まで記事をご覧いただけるというサー
ビスです。報道記事数は月間100本未満のことが多いのですが、アーカイブに格納し
ている10年以上前からの2000本以上の報道記事も、キーワード検索などで、ご覧い
ただけます。

 まずは、日経バイオテクONLINE機能性食品版のサイトにアクセスしてください。
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/

 詳しくは、次のリンク先をご覧ください。
日経バイオテクONLINE機能性食品版について
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
日経バイオテクONLINE機能性食品版のご利用ガイド
→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/help/use.html

 このサイトでは、各記事の第1パラグラフまではどなたにでもご覧になれますが、
第2パラグラフ以降も含む記事全文を読むには、有料会員になっていただく必要があ
ります。日経バイオテクONLINE機能性食品版では、会費月額1000円(クレジットカ
ード決済のみ)の会員になると月100ポイント分まで記事全文を読めます。記事は、
ポイント1の記事と、ポイント0の記事がありますので、月間のご覧いただける本数
は100本以上です。アーカイブの記事もご覧いただけます。

※支払に関する詳しいご案内はこちらをご参照ください。
→ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/info.html

 なお、この日経バイオテクONLINE機能性食品版では、機能性食品と関連しない記
事については記事全文をご覧になれません。日経バイオテクONLINEの記事全てをお
読みいただくには、日経バイオテクONLINEの会員への申し込みが必要になります。

           日経BP社 医療局 先進技術情報部
           日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長 河田孝雄

※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

※※日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html

◆日経バイオテクONLINEより◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテクONLINE記事のうち機能性食品関連(直近1週間分)

全文をご覧いただくには「日経バイオテクONLINE機能性食品版」
⇒ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
または、「日経バイオテクONLINE」
⇒ http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/bio_online.html  
への申し込みが必要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※2013年8月30日から9月6日までの機能性食品記事リスト(掲載の新しい順)
 リンク先は、日経バイオテクONLINE機能性食品版です。

日経バイオテク9月9日号「World Trend 欧州」、
スペインでGMO作付面積が急増、国による違いが際立つ欧州のGMO事情
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170862/?ST=ffood

黒酢研究会が9月に発足、1月に東京海洋大で第1回黒酢研究会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170861/?ST=ffood

福井大と東大、理研、刺激無しのGPCR基礎活性で嗅神経の回路形成、
Cell誌で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130913/170860/?ST=ffood

キユーピーが17事業所集結の仙川キユーポートを10月開設、
研究開発本部は府中から移転
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130912/170857/?ST=ffood

森下仁丹、農水省の補助でザクロの機能性と栽培を検討、2013年度中に商品化へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130912/170856/?ST=ffood

東大院の清水誠特任教授、食品科学工学会第60回大会で特別講演、
トクホや食品機能性表示に言及
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130912/170836/?ST=ffood

森下仁丹と甲子園大、ビフィズス菌含有腸溶性カプセルの便秘改善作用、
栄養改善学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130911/170835/?ST=ffood

ヤクルト、11月にシロタ株の菌数を200億個に増やした「Newヤクルト」、
ミレニアムトクホと同菌数
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130910/170814/?ST=ffood

日清ファルマ、“聡明で冴えた毎日をサポート”する栄養補助食品
「イチョウ葉+PS」を新発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130910/170812/?ST=ffood

トクホ申請の香川大発「レアスウィート」、
食品安全委員会専門調査会での審査が9月12日開始
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130910/170811/?ST=ffood

日経バイオテク9月9日号「特集」、食品の機能性表示で産業育成
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130910/170787/?ST=ffood

アサヒ、オレンジ果汁がアルコール代謝を促進、食品科学工学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130909/170778/?ST=ffood

米Morinda社と近畿大薬、ノニの抗アレルギー作用を生薬学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130909/170777/?ST=ffood

JSTと理研、北大、化学増幅プローブで標的RNAを検出、
次世代の細胞内遺伝子発現検出法へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130909/170774/?ST=ffood

金沢工業大と明治、ホットミルクのリラックス効果を検証、感性工学会で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130909/170766/?ST=ffood

【機能性食品 Vol.108】藻類国際シンポジウム、日本油化学会、
日本栄養改善学会、日本生物工学会
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130909/170767/?ST=ffood

仙台市で日本油化学会年会、東北バイオアレイが事業開始、
2つのCOI【日経バイオテクONLINE Vol.1928】
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130906/170756/?ST=ffood

※以下は、記者発表です。記事中のリンク先は各企業のウェブサイトです。

株式会社ファーマフーズ、平成25年7月期決算短信〔日本基準〕(非連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170873/?ST=ffood

日本甜菜製糖株式会社、「発酵ナノセルロース」の大量生産に成功
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170872/?ST=ffood

宝ホールディングス株式会社、当社子会社(タカラバイオ株式会社)の株式の
売却株式数等の確定に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170868/?ST=ffood

アサヒグループホールディングス株式会社、
インドネシア飲料会社の株式買収手続完了のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130913/170866/?ST=ffood

キユーピー株式会社、キユーピーグループ研究開発・オフィス複合施設
「仙川キユーポート」開設
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130912/170845/?ST=ffood

ホクト、平成25年8月の月次売上げ状況(速報)について
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130911/170822/?ST=ffood

ファンケル、組織変更及び人事異動に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130911/170821/?ST=ffood

ファンケル、自己株式の取得状況および取得終了に関するお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130911/170820/?ST=ffood

株式会社伊藤園、平成26年4月期8月度販売状況(単独・速報値)のお知らせ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130909/170770/?ST=ffood

株式会社ヤクルト本社、「2013日本パッケージングコンテスト」において
「パラビオ ACクリーム サイ」が「パッケージデザイン賞」を
「乳酸菌ソイα」が「飲料包装部門賞」を受賞
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130906/170753/?ST=ffood

株式会社ロック・フィールド、平成26年4月期 第1四半期
決算短信〔日本基準〕(連結)
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130906/170743/?ST=ffood

株式会社J-オイルミルズ、公正取引委員会からの排除措置命令等に対する
審判請求について
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/pressrelease/20130906/170742/?ST=ffood

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆このメールマガジンの記事内容へのお問い合わせ、ご質問、ご意見はこちら。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html

◆日経バイオテク 機能性食品メールの申し込み、変更、配信停止はこちら。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html

◆このメール配信サービスは無料です。
◆弊社からのお知らせを不定期に配信する場合があります。
また、弊社の都合により配信を休止することがあります。
◆広告掲載をご希望の方は btj-ad@nikkeibp.co.jp へ問い合わせください。
★このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。
 このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c)2013 Nikkei Business Publications Inc.          
All rights reserved.                         
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経バイオテク/機能性食品メールの次回発行予定日は、2013年9月20日(金)です。