がんの個別化治療においては、原発臓器・組織よりも、個々の腫瘍が持つ分子生物学的な性質の方が重要ではないのか。そんな疑問の下、抗がん剤の個の医療への道のりを一歩前進させる試みが、2013年の欧州がん会議(ECC2013)で発表される。同会議はオランダのアムステルダムで、2013年9月27日から開催される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)