米食品医薬品局(FDA)は2013年7月、査察の遅延、拒否、制限もしくは拒絶に関するガイダンス案を公開した。既に予定された査察時期を変更するにはそれなりの理由が必要であるとか、製造過程を見学したり写真を撮ったりすることに制限を設けないといったルールが記載されている。従わない場合は、製品の輸入を禁じるなど処罰の対象となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)