理化学研究所は、国際農業研究協議グループ(CGIAR)傘下の研究機関であるコロンビアの国際熱帯農業センターと協力し、てんぷん原料作物であるキャッサバの17系統間におけるDNA多型を1万カ所以上同定した。理研環境資源科学研究センター(理研CSRS)統合ゲノム情報研究ユニットの櫻井哲也ユニットリーダーと、理研バイオマス工学連携部門バイオマス研究基盤チームの持田恵一副チームリーダーらが、米PLOS ONE誌で2013年9月12日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)