森下仁丹は、同社独自のビフィズス菌含有の腸溶性カプセルの摂取で便秘傾向が改善する作用を、甲子園大学栄養学部の浅田雅宣教授と共同で行った「大学生におけるおなかの調子についての調査」で確認した。2013年9月12日から14日に神戸市で開かれる第60回日本栄養改善学会学術総会で発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)