2014年度予算に対する各省の概算要求が出そろった。厚生労働省関連では、日本版NIHで1082億円、希少疾病・難病等の臨床研究体制の充実等に545億円といったところが目を引く。農林水産省関連では、重点項目として「農林水産物・食品の高付加価値等の推進」が新規に追加された。「医食農連携の推進」9億円、「民間活力を生かした研究の推進」30億円などが含まれる。概算要求の詳細は、次号でお伝えする予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)