米Flagship VentureLabsは2013年9月4日、米Midori Renewables社が独自の「Breaking the Biomass Barrier」技術という非食用バイオマスを溶かして低コストで糖類に変換する新規触媒をグローバルに展開すると発表した。このプロセスにより多くの価値のある再生可能製品や飼料を生産することが可能になるという。Midori Renewables社の触媒は酵素ではなく、微生物や酸性水溶液でもない固体物質で、反応系から容易に分離でき再利用できるもので、既存技術に比べて著しく低コストでセルロース糖類を生産できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)