アサヒ飲料は、アサヒグループホールディングスのイノベーション研究所と共同で、オレンジ果汁がアルコール代謝を促進する機能を発揮することをラットの試験で見いだした。2013年8月末に東京都日野市で開かれた日本食品科学工学会第60回記念大会でこの成果を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)