北海道大学大学院薬学研究院の阿部洋准教授(前理化学研究所伊藤ナノ医工学研究室専任研究員)らは、遺伝子発現の情報を生きた細胞内で化学的に増幅して検出する分子プローブを開発した。科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業の個人型研究(さきがけ)で、岐阜大学工学部生命工学科の柴田綾特任助教(前理研伊藤ナノ医工学研究室基礎科学特別研究員)、理研伊藤ナノ医工学研究室の鵜澤尊規研究員と伊藤嘉浩主任研究員、北大院薬学研究院の周東智教授と共同で行った成果。米化学会誌Journal of the American Chemical Societyのオンライン速報版で近日中に公開される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)