理化学研究所統合生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームと慶応義塾大学医学部整形外科脊椎外科研究グループの松本守雄准教授らは、思春期特発性側彎症(AIS)の重症化に関連するゲノム領域をゲノムワイド関連解析(GWAS)で発見した。研究の成果は2013年9月4日付のPLOS ONE誌に発表した。同研究グループは、2013年5月にはAISの発症に関連した遺伝子の発見を報告している(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)