アルバック理工(横浜市、五戸成史社長)は2013年9月2日、微生物の活性や動態を、微生物が出す熱量を測定することにより評価するシステムを本格販売すると発表した。08年から2010年の科学技術振興機構(JST)先端計測分析技術・機器開発事業で開発され、けいはんな文化学術協会・微生物計測システム研究所が製品開発を進めてきた。9月4日から6日に幕張メッセ(千葉市)で開かれるJASIS2013(分析展2013(第51回)/科学機器展2013(第36回))の自社ブースで実機を展示する。次いで9月10日から11日には千里ライフサイエンスセンター(大阪市)で開かれる日本防菌防黴学会第40回年次大会で、けいはんな文化学術協会ブースにて展示する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)