学術誌(ジャーナル)の影響度(インパクト)を表す代表的な数値として知られるインパクトファクター(IF)の最新版(IF2012)が発表されたことが話題になっている。米Thomson Reuters社(日本オフィス:トムソン・ロイター)が2013年6月19日(米国時刻)に発行した学術誌評価ツール「Journal Citation Reports(JCR)」2012年版で、各学術誌のIF2012を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)