ノーベル賞受賞者の多くが、30代から40代という若い時に偉大な発見をしている。例えば、京都大学の山中伸弥教授が人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に成功したとCell誌に発表したのは、43歳の時。日本人で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹が中間子理論を発表したのは20代の終わりである。さまざまなアイデアが生まれ、果敢に挑戦するには、若さが大きな武器となるためだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)