米University of Alaska, Fairbanks(UAF)の研究者らは、人が何をどれだけ食べ、飲んだのかを調べる調査の正確性を大幅に向上させる新規のツールを発見した。研究成果はJournal of Nutritionの6月号に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)