米New York University, Polytechnic研究所(NYU-Poly)とNYUの研究チームは2013年6月20日、コンピューター化学とたんぱく質工学を融合した新たなアプローチによってがんや糖尿病などの疾患の遺伝子基盤を解明しようとする研究で、米国立衛生研究所(NIH)から4年で120万ドルの助成金を受けたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)