━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【日経バイオテク/機能性食品メール  2013.6.21 Vol.98】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆このメールマガジンは原則として月に4回、日経バイオテクONLINEの機能性食品分
野の記事をお届けするメールマガジンです。
日経バイオテクONLINE機能性食品版→ https://bio.nikkeibp.co.jp/ffood/
日経バイオテクONLINE→ https://bio.nikkeibp.co.jp
◆日経バイオテク 機能性食品メールの新規登録はこちらから
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/food-sc/index.html
◆メール送信先の変更や中止は巻末をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------
■■■■ 【日経バイオテクONLINE 機能性食品版】 スタート! ■■■■

月々1,000円(税込)で機能性食品関連の有料記事が毎月100本読める<申込月無料>
最新記事の他、3,000本の関連記事を収録、機能性食品の強力なデータベースです
お申し込み完了後、すぐご利用できます http://nbt.nikkeibp.co.jp/bio/food/
--------------------------------------------------------------------------

◆日経バイオテク編集部より◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オメガ3、「震える牛」、カルピス「カルスポリン」、タキイ「ファイトリッチ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経
バイオテクONLINEアカデミック版編集長の河田孝雄です。

 今週は木曜日(2013年6月20日)午後、オメガ3(ω3)の健康機能に関する第1回
GOED日本セミナーが都内で開催されました。事前の企業取材や追加の資料収集など
記事とりまとめの準備をかなり進めたのですが、報道にはまだ至っていません。翌
金曜日は、日本の大学の経営戦略に関する取材と記事とりまとめで時間が尽きまし
た。

 第1回GOED日本セミナーには報道関係者やω3関連企業、それにアカデミア研究者
など160人ほどが参加しました。今回のメールでは、まずは、協賛企業名を記して
おきます。「プラチナ」が、AkerBioMarine社、DSM社、ニッスイ、マルハニチロの
4社で、「ゴールド」が味の素、Catalent社の2社、そして「シルバー」がアリメン
ト工業、三生医薬の2社でした。

 1年半ほど前に報じたように、ω3のエビデンスは、食品の機能性表示の分野では
“突出”しています。

金澤一郎氏が「食品の機能性評価について」講演、
機能性モデル事業11成分のうちメタ分析PubMed論文数はω3が突出
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20111026/157417/?ST=ffood

 今週のω3関連記事も1つありました。

めいらくG、ω3など含むチアシード入りの果汁飲料を新発売、8月までに200万本
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130619/169052/?ST=ffood

 次の話題は小説「震える牛」。小学館がこの5月に文庫判を発売しまして、書店
店頭の目立つところに並んでいて気になっていたのですが、昨日(6月20日)の夜
に、連続ドラマの第1回が、WOWOWで無料放映されていました。1時間近くずっと最
後までチャンネルを変えませんでした。

 今日の昼食は、肉料理だったのですが、ひき肉ではなく、肉の本来の形のメニュ
ーを選びました。頼んでから気が付いたのですが、「親子丼」の鶏肉は、宮崎県産
の「日向鶏」とのことで、お店のメニューに、生菌剤「カルスポリン」を飼料に加
えた健康な鶏、というような説明文がありました(正確な転記ではありません)。

 カルスポリンは、カルピスが世界で事業を展開している家畜用プロバイオティク
ス製剤です。枯草菌の仲間だそうで、かつて、淵野辺のカルピスにうかがったとき
は、カルスポリンの発酵タンクがあり、納豆に近いような香りがしていたように記
憶しています。

カルピスが飼料事業の米会社を設立、
家畜用プロバイオティクス枯草菌製剤の生産力を倍増
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20121102/164161/?ST=ffood

カルピスが枯草菌C-3102株大豆発酵物のサプリ商品化、
世界展開のプロバイオティクスを活用
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120228/159806/?ST=ffood

 先週金曜日(6月14日)に第17回腸内細菌学会を取材したばかりでもあり、プロ
バイオティクス製品の活躍を誇らしく思いました。

北里大で開催の第17回腸内細菌学会に380人、第18回は2014年6月に東大本郷で開催
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130614/168979/?ST=ffood

 それで今日の親子丼、とても美味しかったです。

 そういえば今週1つ、プロバイオティクス関連の記事まとめました。

フレンテと東海大医、乳酸菌LS1はプラークコントロールの併用で定着向上、
プロバイオシンポで発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130619/169050/?ST=ffood

 最後に、かけこみでさきほど記事をとりまとめたタキイ種苗「ファイトリッチ」
シリーズの話題をお届けします。特許も取得したとのことです。

タキイ種苗が赤色ニンジン「京くれない」を新発売、
生活習慣病対策「ファイトリッチ」シリーズ12品種に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130621/169099/?ST=ffood

 腸内細菌学会が行われた6月14日の閣議で「骨太の方針」などを政府が正式に決
定し、成長戦略・規制改革の中に、食品の機能性表示の仕組みが盛り込まれまし
た。農作物も対象になるようなので、タキイのファイトリッチ事業にも、追い風
になるのでは、と思います。

 なお、この成長戦略・規制改革の話題をとりあげる日本健康・栄養食品協会の
セミナーは、人気のようで、会場が変更になりました。

日健栄協、トップセミナーの東京会場を変更、定員100人を180人に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130620/169077/?ST=ffood

政府「骨太の方針」に食品の機能性表示、日本抗加齢医学会は6月28日に緊急企画、
日本健康・栄養食品協会は7月5日と16日にトップセミナー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20130614/168978/?ST=ffood

 なお、今週月曜日(6月17日)に北大で開催されたオールジャパン「食と健康」
シンポジウム「食と健康に関する知の結集に向けて」は、250人ほどが集まったと
のことです。残念ながら会場に参れなかったのですが、会場の収容人員は200人規
模だったようなので、さぞかし窮屈ではなかったかと想像します。

http://www.hokudai.ac.jp/news/130612_pr_mcip.pdf

 250人ほどが集まったとのこと。会場の容量は200人規模だったので、さぞかし窮
屈ではなかったかと想像します。