内閣府は、2013年6月20日、先端医療開発特区フォーラムを開催した。08年度に開始された(関連記事)先端医療開発特区(スーパー特区)が最終年度を迎えたため、後継プロジェクトの検討が始まっている。山本一太・科学技術政策担当内閣府特命担当大臣は、開会のあいさつで「スーパー特区5年間の成果を検証して、ポストスーパー特区制度をつくっていく」と話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)