画像のクリックで拡大表示

 日本健康・栄養食品協会(JHNFA)は、内閣府規制改革会議の「一般健康食品の機能性表示を可能とする仕組みの整備」についての2013年6月5日の答申を受けて開催するトップセミナー「機能性表示についての最新情報と協会の方針-規制改革会議の答申をうけて-」の東京会場を変更する。2013年7月5日15時から開催する会場を、定員100人のグランドヒル市ヶ谷から、同180人のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターに変更した。7月16日に福岡市で開催するセミナーの会場は、定員60人の福岡ガーデンパレスで変更はない。

 東京会場では規制改革会議を担当している羽深成樹・内閣府官房審議官が、福岡会場では規制改革会議健康・医療ワーキング・グループ委員の森下竜一・大阪大学大学院医学系研究科教授が登壇する。また両会場とも、JHNFAの「食品の機能性評価事業」評価委員会の座長を務めている金澤一郎・国際医療福祉大学大学院長/東京大学名誉教授と、下田智久JHNFA理事長が登壇する。