海外で学会を取材する際、妙にドキドキしてしまう瞬間がある。他でもない、日本人研究者がオーラルセッションで発表する時である。それはなぜかというと、数年前にある学会で以下のような経験をしたからだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)