米Biomet Biologics社は2013年6月18日、同社の「MarrowStim」濃縮技術を用いて患者自身の骨髄穿刺(せんい)液を濃縮し、重症の末梢動脈疾患(PAD)による重症虚血肢(CLI)に注射して切断回避を目指す臨床試験が、米University Hospitals Case Medical Centerの研究者たちによって開始されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)