米AbbVie社は2013年6月17日、BCL-2(B細胞リンパ腫2)たんぱく質の選択的阻害薬「ABT-199/GDC-0199」の高リスクの再発性/難治性慢性リンパ球性白血病(CLL)および再発性/難治性非ホジキンリンパ腫(NHL)の患者を対象とするフェーズI試験の中間結果を、スウェーデンのストックホルムで開催された第18回欧州血液学会(EHA)で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)