前厚労事務次官が京都大学iPS細胞研究所の研究員に就任した。京大が実施した公募に応募して採用されるという異例の転身だった。iPS細胞に関する国際的な基準作りなど実用化支援のための方策を練ることになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)