防衛医科大学校分子生体制御学講座の松尾洋孝講師と中山昌喜通修医官/1等空尉ら、東京薬科大学薬学部病態生理学教室の市田公美教授、東京大学医学部附属病院の高田龍平講師らの研究グループは、痛風患者の発症年齢と尿酸を運ぶ輸送体の遺伝子解析から、若くして痛風を引き起こす主な要因がABCG2という尿酸輸送体の特定の遺伝子変異と強く関連していることを発見した。日本国内の17研究施設に所属する研究者29人による他施設共同研究の成果。オープンアクセス論文を2013年6月18日18時にNature Publishing GroupのScientific Reports誌で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)