米Eli Lilly社は2013年6月13日、βセクレターゼ阻害薬「LY2886721」の1日1回投与治療のアルツハイマー病の進行を遅延する効果を評価していたフェーズII試験を自主的に中止したと発表した。試験中止は肝生化学検査で異常が見られたためで、臨床参加医師には既に中止を通知しているという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)