第17回腸内細菌学会が2013年6月13日と14日に北里大学薬学部(東京・港)で開催され、380人ほどが参加した。テーマは「腸内菌の生態と疾病・健康を考える-腸内細菌学の学際的研究の発展を目指して-」で、大会長は杏林大学大学院医学研究科の神谷茂教授が務めた。一般演題は21題で、このうち14題は企業関連の発表だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)