米エネルギー省(DOE)傘下の研究所National Renewable Energy Laboratory(NREL)は2013年6月6日、スイッチグラスなどの再生可能バイオマス原料からジェット燃料を経済的にかつ大量に生産できることを実証するため、米海軍並びに民間の米Cobalt Technologies社、米Show Me Energy Cooperative(SMEC)社と連携すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)